少林サッカー!監督チャウ・シンチ― ギャク全開!!

小林サッカー

本日の1本!管理人ソフトポケットのコメント

M softpocket

おっと、『Goal!』を書いてて思い出した。そういえばこの偉大なるサッカー映画があった!それは少林サッカー!洋画のみでいこうと思っていましたが、これははずせません。番外編ということでよろしくお願いします。^^

ああもう、このバカらしさ、おもしろさ、キモさ、すばらしさをどうやってお伝えしたらいいのでしょうか。『スゴイ』としか言いようがない、というこのコメントをご理解いただけるのは、この映画を実際に見た人だけでしょう。。。。試写会でもなんでもないのに、映画館でスタンディングオベーションがあったとか。この映画を鑑賞したクエンティン・タランティーノ監督は「ぶっちぎりに凄い映画だ」と絶賛したとか。そんな伝説(私の中の)の映画レビュー行ってみましょう!

あらすじ

少林寺拳法の達人が、昔サッカーの名選手で今は落ちぶれた男に、ひょんなことからサッカーに誘われる。少林寺を世界に広めるという野望を持つ男は、サッカーで勝てば有名になれ、少林寺も宣伝できるかもと思い、かつての少林寺の先輩たちをかき集めてサッカーチームを作る。様々な苦難を乗り越え、彼らはどんどん大会を勝ち進み、すごいことになる!というお話。

小林サッカーはミュージカルだ!

饅頭屋さんの店先で、突然脈絡もなく踊り出す通行人。それはもうまさにミュージカル!私は『ブルース・ブラザース』を思い出しました。レイ・チャールズの楽器店の前で皆がダンスをし始めるあのシーン、あれを思い浮かべましたよ。ただもうこのダンスが捧腹絶倒。最高です!こうだったらすごく面白いのに!ということをいちいち見せてくれる映画です。

小林サッカーは格闘ギャグパロディ映画だ!

小林サッカー』ということで、『サッカー』をタイトルに冠してはいるものの、これはもうサッカー映画ではありませんね。サッカーをモチーフにした格闘ギャグパロディ映画ですね。サッカーを侮辱した、とか言って怒らないでくださいね。その怒りは無限空間に吸い込まれてしまいますのでおそらく無駄です。イギリスには『パント』というクリスマスシーズンに上演される舞台演劇があります。元になる原作を徹底的にパロディ化して笑いを取るものなんですが、この映画の監督チャウ・シンチ―も、日本の漫画『キャプテン翼』や『味っこ』、マイケル・ジャクソンの『スリラー』のダンス、『ジュラシックパーク』の恐竜がやって来てコップの水が揺れるシーン、マトリックスのシーンなど、有名な漫画や映画の1シーンをパロディ化しています。

小林サッカーはなぜああもキモイのか

そこまでしなくても、と思わず目をそむけたくなったやりすぎシーンの数々。

  • 罰でパンツをかぶるシーン。
  • ムイの痘痕のメイク
  • ムイのやりすぎケバ過ぎメイク
  • サッカーの反則暴力シーン
  • 饅頭店の店先での通行人のダンス
  • シンのサッカーシューズ汚な過ぎ
  • シンの破れたサッカーシューズをチューリップのアップリケで修理するのはや・め・てー
  • この部分をどうとらえるかが、肝になってくると思うのですが、私には五感をざわざわと刺激されるかのようなこの感覚が新鮮でした。決して汚いのやグロテスクなのが好きなわけではないのですが、映画全体としてここは前向きに目をつむろう、という気にさせられました。笑

    普段は深層心理の奥深くに眠っているのですが、何かのきっかけで『小林サッカー』のタイトルを見たりすると無性に見たくなる映画です。おかしさとキモさが相殺しあって、絶妙な不安定感を与えてくれます。ばかばかしいのが嫌いな向きにはお勧めできません。… 怒るから絶対見ないでくださいね。^^

    評価:★★★

    製作

    監督:チャウ・シンチー
    脚本:チャウ・シンチ―
    製作:チャウ・シンチ―
    撮影:
    製作国:香港
    配給:クロックワークス
    上映時間:112分
    公開:2001年7月12日

    ロケ地

    中国

    キャスト

    鋼鉄の脚シン チャウ・シンチー(周星馳)
    太極拳ムイ  ヴィッキー・チャオ(趙薇)

    鉄の頭     ウォン・ヤッフェイ(黄一飛)
    旋風脚     モク・メイラム(莫美林)
    鎧の肌     ティン・カイマン(田啓文)
    魔の手     チャン・クォックァン(陳国坤)
    空渡り     ラム・チーチョン(林子聡)

    スポンサードリンク
    • このエントリーをはてなブックマークに追加